これ以上あなたと一秒も生きていたくない。

辛い、辛い、耐えたくない。早く楽になりたい。そうはなれない。

もう一度あなたと死にたい。あの日交わした秘密の逢瀬の通りに、潔くあなたの胸で死にたい。

あなたのものではない瞬間が堪えられない。ひとつの生き物でありたくない。

たとえばあなたの手足をなくしてしまって、かわいい歯を全部抜いてしまって、その耳を鉛で塞いでしまって、綺麗なお顔にめちゃくちゃな傷跡をつけてしまえたら……。わからなくなってきたわ、そんな話がしたいんじゃないの。私、体のどこにもおかしなところもない、小さく、今日まで甘やかされてきたきむすめだけれど、あなたが一言私に「死のう」と言ってくれさえすれば、この贅沢な身体を投げ捨ててあなたと共に死ぬつもりなの。お金と労力のかかった芸術品だとしても、そこにある心がこんなんでは、まるでダメ。私みたいなダメな子は、あなたみたいなダメなひとと一緒に死ぬほかないの。

それでも……それでもね……今までのあなたに女の影があったように、私にも別のひとの手垢がびっしり残っているのよ。あなたのことが誰よりも愛しくても、それはまるで自分でそうだと番付たみたいに、まるで作り物なんじゃないかって信じられないときがあるの。あなたは私の青春における通過点でしかないのかしらって、不思議なくらい、私、ひとを愛するのにとことん向いてないのよ。

いつも頭の中を、あなたや、あなたでない人が走り回っているようで、本当はずっとずっと眠っていたい。それ以外のことをまともに考えていられないんだもの。あなたが好きなの、本当よ。それでもどこかで、こんなものは全部嘘なんじゃないの、って厭な気持ちがふつふつと煮えてくるのが分かる。だから、それが嘘か本当か分かる前に、あなたと一緒にもう一度死にたい。ひとりの「私」でいると、あなたのこと純粋に愛していられない気がして恐ろしい。頭が痛くて、目の前がくらくらっとして、変な汗が全身を伝っていくの。 おなかをつう、と落ちていく汗が、ああ、やってられない、こんなこと。いつも他人のためばかり考えて生きていて、私自身の唯一、何の過ちもない願いよ。私が私から他人を限界まで削って、自分自身すら削ぎ落とした時に、初めてあなたへの愛が真の姿を現わすのかしら。

あなたのことも、私のことも、私にはちっともわからない。馬鹿の一つ覚えみたいに「あのひとと死のう」と腹の底が渦巻いて、あなたと顔を合わせ、あ、なんて間抜けな声が漏れた時には「このひとと死ななければならない」と思っている。この美しい、かわいい人のために、気を失うほどの頭痛や暗い気持ちに襲われて、もう生きてはいけないと悲鳴をあげるのだから、あのひとも私と一緒に死にたいのだから、私達は一緒に死んだほうがいい。その方がきっと世の中のためにもなる。私はこのひとのためなら命を惜しまないけれど、あのひとがずっとそうとは限らない。私も歳をとり、ぶくぶくと肥え脂めいていけば、きっと今の正気でない恋を笑うのだろう。だから、何もかもが笑い話になる前に、あなたも私も若く美しいままに、死のう。才能あふれる獣のまま、なにものにも奪われないまま、私はあなたが求めるまま、どこにでもいってあげる。もっといいお嫁さんや旦那さんが見つかって、心が別人になってしまう前に、信じるとか疑うなんてことはどうでもいい、ただ一緒になりましょう。私たちの愛は時限式だから、地の果てまで、この世の終わりまで、地獄の底まで逃げ延びて。ずっとずっと。

お互いが最愛の人でなくても、最善の人でさえあれば、うまくやっていける。今はそういうよのなかだから、そうなれる。永遠なんてどこにもなくて、私にはあなたの胸の中しかない。私には無限がある。あなたの愛を止めておける、最後の無限の手段を持っている。きっと私はそのために、ここまで、大事に大事に育てられたのだと思う。しあわせにと甘やかされ、誰に穢されることもなく、その最後はあっけなく、あなたの手で摘み取られて、終わり。泣いているあなたを慰めて、終わり。あなたに悪いこと、お酒も味も煙草の味も博打の味も教わって、どれもあなたを介して、あなたの私になって終わり。最後は心中ごっこなんて教わって、終わる。私みたいな年端もいかない女の子をたぶらかして、一緒に死のうなんて、どうしようもない人だから。私が一緒に死んで差し上げなくてはならない。

ずっと正気で、死に物狂いに想っているの。おかしくなんてなっていないの。私は本当にずっとまとも。私をおかしくしたのは、私を殺したひとたちなのだから。私はなんにも悪くなかった。だから、死に際くらいは自由に、私に戻ってあなたとありたい。私が、この名前の人間が死んだ時、その殺人にはちっとも愛なんてなくて、私は今まで教育されてきた愛情に心底がっかりした。だからあなたと共に、燃えるように、ああ、私は死ぬのだと思った時に、これが本当の愛情だと思って……。寂しいひとだから、私はこの人といっしょがいい。私もさみしいから、さみしい、共に死にたい。どこでもいい、なんでもいい、あなたが思うままに、私をめちゃくちゃに殺してほしい。今度こそ息絶えたい。息をしたまま死にたくない。あなたの手で留めをさして、こんな思いごと終わらせてほしい。かき消してほしい。脳が痛くて、おかしくなりそうで、今度こそ私は私でなくなってしまうから、私が言葉をなくす前に、愛するあなたと一緒に死にたい。